ライフエフェクト、ロイズ所有の北広島大曲3900坪を取得

ライフエフェクト、ロイズ所有の北広島大曲3900坪を取得

 不動産開発のライフエフェクト(本社・札幌市中央区)は、北広島市大曲幸町5丁目1番2、1番3の約3900坪(1万2739・56㎡)の土地を取得した。ロイズコンフェクトホールディングス(HD、同・同市北区)が所有していた遊休地。ライフエフェクトは商業施設などの誘致を検討している。

DSC_6255
(写真は、ライフエフェクトが取得した北広島市大曲幸町5丁目の土地)

 同社が取得した土地は、羊ケ丘通沿いで札幌方面車線に面している。近隣には、「三井アウトレットパーク札幌北広島」や「スーパーアークス大曲店」を核店舗にした「インターヴィレッジ大曲」、ホームセンターの「カインズFC大曲店」、「ジョイフルエーケー大曲店」などのほか、「三菱食品北海道RDC」がある。
 一帯の区画整理が終わった後に大成ロテック(本社・東京都新宿区)などが取得。その後、個人を経てロイズコンフェクトHDが所有していたが、今年6月にライフエフェクトが取得した。取得費は非公表。用途地域は近隣商業地域のため商業施設などの誘致が考えられるが、「現在は未定」(ライフエフェクト)としている。

土地カテゴリの最新記事